jennifer_silk photographs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_1

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_1』


幼稚園バス 発見現場


焼け焦げ横倒しになったワゴン車に菓子や花が添えられていた。

がれきと化した石巻市門脇町。

地震後、園児を自宅に帰そうとした幼稚園の送迎バスが
津波にのみ込まれ、五人の幼い命が奪われた。

「高台にある幼稚園に残っていれば助かったのになぜ…」。
遺族はやるせなさを募らせている。

亡くなったのは、同市日和が丘4丁目の私立「日和幼稚園」に通う
4~6歳の男児1人、女児4人。


斎藤紘一園長(66)らによると、11日の地震直後、
亡くなった5人を含む12人を乗せワゴン車が園を出た。

門脇町や南浜町方面に住む7人を門脇小で降ろした後、
大津波警報に気づき園に引き返す途中、津波に巻き込まれた。

園児は14日、変わり果てた姿でワゴン車の周囲で見つかった。
保護者は焼け残った衣服などで子どもの身元を確認した。

男性運転手は一命を取り留めた。
同乗していた女性職員は今も行方不明。
門脇小で降りた7人は無事が確認された。

(2011年03月27日 河北新報より)

幼稚園バスに津波 地震後発車、のまれる 記事


スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 12:00:12|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_2

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_2』


幼稚園バス 発見現場


津波にのまれる前の3時頃の映像。
(津波到着時刻は3時40分頃)
0:40、2:08頃に日和幼稚園のバスが映っています。

【動画】3・11津波前に日和幼稚園を出発するバス


  1. 2012/05/20(日) 12:00:10|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_3

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_3』


幼稚園バス 発見現場


上へ、上へ。

住民が安全な場所を求めて日和山へ急ぐさなか、

1台のワゴン車が日和山から
門脇町、南浜町地区へ向かって走っていた。

日和幼稚園の園児12人を乗せた送迎バス。

地震直後に園を出発し、
南浜町などを回り5人の子どもを降ろした後、

避難者でごった返す門脇小校庭に停車した。

「バスを戻せ」。当時の園長、斎藤紘一さん(66)の指示を受け、
幼稚園から教員2人が小学校脇の階段を駆け下りた。

バスに追いついたが、園児を連れ戻すことはなかった。

バスは再び出発した。
途中、迎えに来た母親に園児2人を引き渡した。

日和山に通じる坂の上り口で、バスは津波にのまれ、
流された家に押しつぶされた。

門脇町・南浜町地区一帯はすっかり炎に包まれ、
13日午後6時ごろまで燃え続けた。

14日、バスに乗っていた5人の園児は変わり果てた姿で見つかった。

蛇田の佐々木純さん(32)は次女明日香ちゃん(6)を亡くした。

「奪われずに済む命だった」。
現場に行くたび、切なさがこみ上げる。

(2011年05月29日 河北新報より)

  1. 2012/05/20(日) 12:00:08|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_4

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_4』


幼稚園バス 発見現場


フジテレビ「とくダネ」
(2011/06/14放送)で紹介された物を
まとめられた記事がありましたので抜粋させて頂きます。

【石巻、日和幼稚園、真夜中まで「助けてー!」
        と叫び続けるも救助されず】

石巻市の中心部にある日和山。
日和幼稚園はその中腹にあり、津波の被害は無かった。

地震発生時、園内にいた園児たちは全員無事だった。
しかし、揺れが収まった後(約10~15分後)、
バスは園児を乗せ出発したのだ。

園児を保護者に引き渡そうと海沿いの街
(海からの距離が約200㍍の地区も含めて)を走った。

しかしその途中、渋滞で立ち往生。津波にのまれてしまった。

なぜ幼稚園は地震後に高台から津波が来るかもしれない街へと
向けてバスを出してしまったのか。

「真実を知りたい」。
その思いから遺族たちは他の保護者や幼稚園の先生へ
独自の聞き取りを始めた。すると、ある事実が判明する。

幼稚園には地震発生時のマニュアルがあった。
そこには、「地震の震度が高く、災害が発生する恐れがある時は、
園児は保護者のお迎えを待って引き渡すようにする」と記載されていた。

(以下続)


  1. 2012/05/20(日) 12:00:06|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_5

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_5』


幼稚園バス 発見現場


【石巻、日和幼稚園、真夜中まで「助けてー!」
        と叫び続けるも救助されず】
(続)

なぜマニュアルは守られなかったのか。

当時の園長は遺族に対し、こう説明したという。
「当時はみぞれが降っていた。
子供たちの寒そうで不安そうな表情を見て、
一刻も早く保護者の元へ帰そうと思った」。

さらに遺族は新たな疑問にたどり着く。
バスの運転手は津波にのまれ意識を失ったものの、
気が付くと車の外に投げ出されていて無事だった。

運転手はその日、園に戻り、
バスが流された場所を園長に伝えたが、
救助活動は行われなかったというのだ。

バスが発見された場所。
その近所に住む人たちは、子供の声を聞いていた。

「波が引いてから『助けて、助けて」って騒いでいた。
まさか幼稚園の子供がいるとは思わないさ」
 
「ところが、見えないの。そのバスが。がれきの下になっててね」

深夜まで聞こえていたという子供たちの声。
バスの中で助けを求めていたのだろうか。

しかし、辺りはがれきで覆われていたため、
近所の人たちが探し出すことが出来なかったという。

(以下続)

  1. 2012/05/20(日) 12:00:04|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_6

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_6』


幼稚園バス 発見現場


【石巻、日和幼稚園、真夜中まで「助けてー!」
        と叫び続けるも救助されず】
(続)

『「何でそこに私を連れて行かなかったのか? 
もしかしたら私でも助けられたかもしれないし…」

津波から火災が発生するまで約10時間。
救助活動が行われていればとの思いが、悔しさを募らせる。』


5月21日、遺族の求めに応じ、幼稚園が説明会を開いた。
園児5人の遺族が出席、
幼稚園側は理事、当時の園長、バスの運転手、職員らが顔を揃えた。

そこでまた新たな事実が明らかになった。

説明会で遺族側は、幼稚園がバスが 流された場所を知り
、当時の園長が現場に行ったものの救助活動を行わなかった点を追求した。

母親「子供たちがそこにいる状況が分かってますよね。
   なぜ声掛けしてくれなかったのか」

園長「家と車と水があの状態において、
   私の頭の中は真っ白になったんだと思います」

父親「救助活動も何もしていない。ただ見に行って『あーダメだ』、
   それで終わっちゃったんでしょ?」

園長「はい。…」

そして、なぜ地震後にバスを走らせたのか?
防災マニュアルが生かされなかった理由とは?

母親「ちゃんとしたもの(防災マニュアル)を職員全員に配布しているんですかね?」
園長「私の書庫にファイルとして置いてあるので、職員には配布してません」

母親「えっ 配布していないんですか?」
園長「これは園長として申し訳ないと思っています」

職員「私も入った時からずっとマニュアルの存在を知らなくて…」
職員のほとんどが防災マニュアルの存在すら知らなかったことが浮き彫りに。

母親「一瞬このまま(バスが)出てしまったらって不安も(あったはず)。
でも、それをきちんと誰かに伝えないでしまって(こんなことに)…」
園長「本当にお詫びするしかないです」

5時間以上に及んだ説明会。

自分たちの非を全面的に認めた幼稚園側は、
遺族の言葉を敬って聞くことしかできなかった。

(以上)


ここにも、掲載されています。
(2011年08月10日 朝日新聞)

津波で送迎バスの園児死亡、4遺族が園側提訴 記事


  1. 2012/05/20(日) 12:00:02|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11 石巻 日和幼稚園 2012/03/12

3.11日和幼稚園_7

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_7』


幼稚園バス 発見現場


園児5人が犠牲になった同市門脇町5丁目の事故現場付近で17日、
園児の母親らが遺骨や遺品を捜した。

自衛隊によるがれき撤去が進み、現場周辺にも重機が入ることになり、
18日の百か日法要を前にあらためて遺品捜しをすることになった。

遺族や友人たちは、震災直後に現場で組み立てた祭壇をいったん取り外した後、

幼い命の証しを少しでも回収しようと、
焼け焦げたがれきが残る付近の土を掘り起こした。

5時間ほどの作業で、園児のものとみられるクレヨンなどが見つかった。

園児の遺体は3月14日に見つかったが、

その後も母親らは、見つかっていない遺体の部位や、

園から持ち帰るはずだった持ち物を捜すため、現場に通っていた。

(2011年06月18日 河北新報より(47News))

命の証し必ず 母親ら遺品捜し 石巻・園児送迎バス被災 記事


  1. 2012/05/20(日) 12:00:00|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11 石巻 門脇町 2012/03/12

3.11日和幼稚園_8

『3.11 石巻 日和幼稚園 祭壇_8』


幼稚園バス 発見現場


「何故こんな場所で・・・」
バス発見現場を実際に見た正直な感想です。

数歩先の日和山上り口の高台の家は無事に残っています。

「チリ地震の時は大丈夫だったから」
沿岸部の被災地のどこに行っても見聞きする話です。

こんな可愛らしい物が並ぶ祭壇は
二度と見たくないと思いました。


石巻 日和幼稚園 地図


  1. 2012/05/20(日) 11:59:58|
  2. 日和(幼)祭壇 2012/03/12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0