jennifer_silk photographs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_1

『3.11陸前高田_1』



「ありがとう りくぜんたかたHP より」

皆さまからの温かいご支援、本当にありがとうございます。

東日本大震災で、岩手県陸前高田市は壊滅的な被害を受け、
とても悲しい思いをしました。

復興まで長い道のりですが、
一歩一歩「ありがとうをチカラに」歩んでおります。

「悲しいこともあったけど、いつも心にありがとう。
ありがとうをチカラに。」

ありがとう りくぜんたかた 【動画】「まつぼっくりちゃん」



スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 23:25:06|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_2

『3.11陸前高田_2』

本称寺 境内跡


  1. 2012/04/13(金) 23:13:50|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_3

『3.11陸前高田_3』

  1. 2012/04/13(金) 23:13:11|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_4

『3.11陸前高田_4』

市役所の祭壇

  1. 2012/04/13(金) 23:12:25|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_5

『3.11陸前高田_5』

岩手県・陸前高田市合同追悼式 式次第

島原市から送られたお供えの白菊


この白菊は、雲仙普賢岳の噴火時の被災に対し、
全国の方から助けて頂いた感謝の気持ちとして、
島原市から贈られたそうです。

そしてこの白菊は、復興した島原の大地で育てられたそうです。

島原市の方々の哀悼と支援のお気持ちが込められた白菊です。

  1. 2012/04/13(金) 23:01:50|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_6

『3.11陸前高田_6』


―呼びかけ―

この「勿忘の鐘」は、東日本大震災によって被災された方、
また、全国からボランティアに参加された方々の、

「震災から1年という節目に、あらためてこの震災を心に刻み、
そして復興と支援の思いを繋いでいきたい」という願いをうけ、

瓦礫の中から引き上げた本称寺の鐘とあわせて、
全国各地、それぞれの場所で同じ時刻に鐘をつき、

法要を勤めることを通して、思いをひとつにしていきたいと考え
呼びかけさせていただきました。

(真宗大谷派 現地復興支援センターHP より)

「勿忘(わすれな)の鐘」


  1. 2012/04/13(金) 22:51:56|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_7

『3.11陸前高田_7』

本称寺 掘り起こされた寺の鐘


2012年3月11日2時46分…、

静まりかえった陸前高田市の街に防災サイレンとともに
本称寺の梵鐘が鳴り響きました。

あっという間の1年…、長かった1年…、

本当に辛く悲しかった1年…、

多くの方々とのつながりに支えられた1年…。

本称寺副住職の佐々木隆道さんは、
3月11日当日、参詣のご門徒さんへの挨拶の中でおっしゃいました。


「勿忘の鐘として全国各地で被災地を忘れないという願いで
鐘を打っていただくことになりました。

ですから、被災地の私たちは、その思いを決して忘れない…、
そういう願いで鐘を打ち続けたいと思います。」


(真宗大谷派 現地復興支援センターHP より)

  1. 2012/04/13(金) 22:26:37|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11陸前高田 追悼

3.11陸前高田_8

『3.11陸前高田_8』

あの日から一年…この日の一日

数時間の間に小雪が降ったり、晴れたり、

一体どんなの力が働いていたのでしょう。


この日の朝の三陸沿岸の天気予報は、
朝から雪で、夜までには20センチ積もると言っていました。

しかし、朝どんよりしていた空は青空も見せ、
昼過ぎには暑いほどの日差しが射し、
夜9時を過ぎても雪は降りませんでした。

3.11の行事として用意されていた催しがどの会場でも、
何の支障もなく行われました。

大雪が降れば、追悼式に参列できない人も多く出たでしょう。

皆でこの日の為に用意した催しも諦めなければいけない
会場もあったでしょう。

残された方の気持ち、亡くなった方の思いが
届いたのだと私は思います。


  1. 2012/04/13(金) 22:20:54|
  2. 3.11陸前高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ