jennifer_silk photographs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東日本大震災 その後の被災地【南相馬】2011/10/10

東日本大震災_南相馬_1

『未だ・・・』

こういう物を見てしまうと、言葉に詰まります。

すみません。言葉が見つかりません。

でも、これが被災地の現実であり日常です。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/03(土) 13:35:22|
  2. 東日本大震災_南相馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【南相馬】2011/10/10

東日本大震災_南相馬_2

『福島第一原発20キロ地点-検問所-』

他の検問所と違って、市街地から直ぐの場所に有り、

街の中という印象です。

南相馬は20キロ付近の人口が多いということです。

  1. 2011/12/03(土) 13:31:55|
  2. 東日本大震災_南相馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【南相馬】2011/10/10

東日本大震災_南相馬_3

『福島第一原発20キロ地点_2-検問中-』

神奈川県警の方々でした。

出入りが多いのか、浪江とは比べ物にならないくらい警官が多いです。

  1. 2011/12/03(土) 13:30:45|
  2. 東日本大震災_南相馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【南相馬】2011/10/10

東日本大震災_南相馬_4

『福島第一原発20キロ地点_3』

警官の服装が全てを物語っています。

20キロ圏内のパトロールの帰りだと思います。

  1. 2011/12/03(土) 13:28:49|
  2. 東日本大震災_南相馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【飯館】2011/10/10

東日本大震災_飯館_4

『飯館村』

あの飯館村です。

波江からガイガーカウンターのアラームは鳴りっぱなしです。


  1. 2011/12/02(金) 10:58:29|
  2. 東日本大震災_飯館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【飯館】2011/10/10

東日本大震災_飯館_1

『避難区域に残された家族_1』

飼い主が帰って来たと思ったのか「ん?」って言葉が聞こえてきそうな感じで

私達をずっと見つめていました。

避難解除にはなっていましたが、村にはあまり人はいませんでした。

  1. 2011/12/02(金) 10:56:37|
  2. 東日本大震災_飯館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【飯館】2011/10/10

東日本大震災_飯館_5

『飯館村へ』

山の中ほどではありませんが、まだまだ高線量地帯は続きます。

さらに緊張する場所です。


  1. 2011/12/02(金) 10:50:43|
  2. 東日本大震災_飯館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【飯館】2011/10/10

東日本大震災_飯館_2

『牛の居ない牛舎』

ニュースでも報道されていましたが、

泣きながら手塩にかけて育てた牛を手放していらっしゃいましたね。


  1. 2011/12/02(金) 10:47:22|
  2. 東日本大震災_飯館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ