jennifer_silk photographs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気仙沼 鹿折 復幸マルシェ 2012/12/31

気仙沼 2012/12/31_17

浮き球で作られたツリーです。
オーナメントが浮き球になっています。


スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 10:05:21|
  2. 鹿折 復幸マルシェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼 鹿折 復幸マルシェ 2012/12/31

気仙沼 2012/12/31_18

  1. 2014/07/29(火) 10:04:49|
  2. 鹿折 復幸マルシェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼 鹿折 復幸マルシェ 2012/12/31

気仙沼 2012/12/31_19


「仮設から仮設へ 気仙沼市の仮設商店街」 
(2014年06月23日 河北新報より)

土地区画整理で仮設商店街「復幸マルシェ」(右奥)の地盤が
かさ上げされるため、移転先のプレハブ(手前)が急ピッチで建設されている。

宮城県気仙沼市鹿折地区の仮設商店街「復幸マルシェ」が8月下旬、
新たに建設するプレハブに商店街丸ごと移転する。

市の土地区画整理事業で現在地の地盤がかさ上げされるためだ。

本格再建が困難な状況下、被災事業者は営業の空白期間をつくらないため
「仮設から仮設への移転」というぎりぎりの決断を迫られた。

 「震災から3年たてば土地造成が進み再建環境は整うと思っていた。
だが、換地先さえ決まっていない」。

一般社団法人「気仙沼鹿折復幸マルシェ」の
塩田賢一代表理事(47)が打ち明ける。

鹿折地区では、土地区画整理事業が2013年7月に着工。

東日本大震災で地盤沈下した約42ヘクタールを平均で
海抜3.5メートルまでかさ上げし、

住宅地や商業地、工業地を17年度までに造成する計画だ。

12年3月に開設されたマルシェの近くには、
震災の津波で打ち上げられた大型漁船があり、見学者でにぎわった。

大型漁船が昨秋解体されると、商店街の売り上げは激減。

「団体客も修学旅行生も寄らなくなり、観光客は10分の1以下に落ち込んだ。
これでは再建費用のめども立たない」と、塩田さんはため息をつく。

移転先は、現在の仮設商店街から約500メートル離れた
同じ土地区画整理事業区域で、1、2階建てのプレハブ計4棟が建設される。

マルシェに入居する飲食店、食料品店など20事業者が引っ越す。
仮設から仮設への移転では、移転補償のジレンマも横たわる。

仮設商店街の事業者には引っ越し費用や移転先での設備費が移転補償として
支払われるが、補償は1回限りのため、本格再建時には使えない。

移転地も今後造成が予定され、
営業は約2年間の期限付きと不安定な経営を迫られる。

仮設商店街は市の所有で、移転事業費1億円余りは
「公共施設の移転補償」として土地区画整理事業費から捻出する。

市は「仮設商店街の事業者にとって
営業空白が生じないことを優先した」と説明する。

観光客を取り戻そうと、新商店街は復興事業が進む様子を
見てもらう展望台や献花台をつくることを計画している。

  1. 2014/07/29(火) 10:04:17|
  2. 鹿折 復幸マルシェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼 鹿折 復幸マルシェ 2012/12/31

気仙沼 2012/12/31_20

クリスマス・イヴに点灯されたようです。
ここで、クリスマスイベントも行われました。


  1. 2014/07/29(火) 10:01:42|
  2. 鹿折 復幸マルシェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼 鹿折 復幸マルシェ 2012/12/31

気仙沼 2012/12/31_21

  1. 2014/07/29(火) 10:00:27|
  2. 鹿折 復幸マルシェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0