jennifer_silk photographs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_1

『常磐自動車道-行き止まり-』

ここから先は封鎖されています。

これ以上先には行けません。


スポンサーサイト
  1. 2011/12/08(木) 10:20:08|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_2

『広野IC-常磐自動車道の最後-』

ここに近づくとどんどんガイガーカウンターの線量が上がり、

再計測が自動でかかる程の高線量が飛んでいました。


初めての高線量地帯で、かなり緊張していました。

後に、もっと高線量地帯を経験するのですが、

当時はこれだけで精一杯でした。


  1. 2011/12/08(木) 10:15:38|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_3

『広野町-福島第一原発20キロ地点へ-』


Jビレッジの文字が見えるとかなり緊張しました。

Jビレッジ、広野火力発電所、南相馬、いわき、ニュースで散々流れた文字です。

本当に来たのだという思いでした。


  1. 2011/12/08(木) 10:08:12|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_5

『福島第一原発20キロ地点_1-戦地へ_1-』

作業員の方々を乗せて

20キロ圏内へ入っていくバスを複数台見ました。


車内の雰囲気は、緊張感というより倦怠感を感じます。

本当に疲れていらっしゃるのだと思います。

危険な場所になど好んで行くはずもなく、辛いお仕事です。

いつもいつもありがとうございます。


  1. 2011/12/07(水) 11:33:10|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_4

『福島第一原発20キロ地点_2-戦地へ_2-』

作業員の方々を乗せたバスが最前線の戦地、20キロ圏内へと

次々と吸い込まれて行きます。

バスの座席はビニールとガムテープでぐるぐる巻きです。


この類の写真をUPするべきか悩みましたが、

この方々の努力で自分たちの生命が守られた事、

そして今も維持されている事を、自分も含め

皆で改めて気付く時期だと思いました。


  1. 2011/12/07(水) 11:23:05|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_6

『福島第一原発20キロ地点_3-検問所-』


Jビレッジの脇にある

この検問所が一番警察官の数が多いです。

ここから多くの作業員の方々を送り出すからです。

警察官は新潟県警の方々でした。


  1. 2011/12/07(水) 10:53:18|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_7

『福島第一原発20キロ地点_4-20キロ圏内からの帰還-』


作業員、バスの運転手、皆さんタイベック防護服で帰還です。

お疲れ様です。そしてありがとうございます。


  1. 2011/12/07(水) 10:39:36|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災 その後の被災地【広野】2011/09/17

東日本大震災_広野_8

『福島第一原発20キロ地点_5-20キロ圏内へ-』

作業員の方々を乗せてJビレッジから福島第一原発へ。


  1. 2011/12/06(火) 10:34:27|
  2. 東日本大震災_広野_2011/09/17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ